Author Archives: mariko

Loading
loading..

2.18 SUN. 藤本昭子第87回地歌ライブを終えて

2月18日(日)本郷の求道会館(東京都指定有形文化財)にて開催された

藤本昭子さんの地歌ライブに出演させて頂きました。

私は「萩の露」で昭子さんの三絃にお箏を合わせました。

1月7日に依頼のお電話を頂き、「萩の露は箏も三絃も憶えてるから何とかなるかも」

とお引き受けしたのですが、昭子さんの先代と先々代の「萩の露」の演奏を聴きなおしてみたら、

いつものように弾いたのでは全く合わないことに気が付き、

手の違うところ以外はCDの藤井久仁江先生の箏の音と一緒に弾けるようにと

何度も何度も弾いたりしました。でも判らないことだらけで昭子さんに教えて頂きました。

善養寺さんにもアドバイスを頂き、「私は幸せ者だなあ」とつくづく思いました。

本番は私の間どりが早くなってしまった箇所がありましたが、昭子さんと善養寺さんに助けて頂き、

何とか気負わずに最後まで行きました。今の精一杯でした。

昭子さんとの初めては6年ほど前の「千代の鶯」だったのですが、その時より事前の緊張が凄かったです。

本当に気付きのたくさんあるよい勉強をさせて頂きました。

ありがとうございました。

 

 

 

深海さとみ 退任記念演奏会のご案内

深海さとみ 退任記念演奏会

平成30年3月18日(日) 午後3時開演(2時30分開場)

東京藝術大学奏楽堂 (大学構内)

入場無料

演奏会チラシPDF←クリックして下さい。

私は終曲の交声曲『日蓮』に出演させて頂きます。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

第17回筝曲組歌会のご案内

第17回筝曲組歌会~流派を越えて組歌の魅力を探る~

平成30年3月11日(日)

14時開場 14時30分開演

紀尾井小ホール

入場料:4,000円

山田流と、生田流の京都系・名古屋系・大阪系組歌が一同の会します。

「友千鳥」は京都系の演奏で、昔の生田箏である長磯箏での演奏です。

私は大阪系の演奏で、芦垣美穂先生と岡村慎太郎さんとご一緒させて頂き、

「雪の晨(あした)」を演奏させて頂きます。

チケットご入用の際は、こちらよりお申し込みください。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

藤本昭子地歌ライブ2018 第87回地歌ライブの御案内

藤本昭子地歌ライブ2018 第87回地歌ライブ

2月18日(日) 14時30分開演(開場14時)

求道会館

今年のライブは阿部桂子先生と藤井久仁江先生の追善と

両先生への感謝の気持ちをこめて

企画されたそうです。

私は「萩の露」のお箏を演奏させて頂きます。

天国の阿部桂子先生と藤井久仁江先生に笑われないように頑張ります。

こちらよりご連絡いただけましたら、お席をご予約いたします。

よろしくお願いいたします。

 

平成30年 あけましておめでとうございます。

2018年(平成30年)あけましておめでとうございます。

今年は秋頃に珠音会筝曲地歌演奏会を開催する予定です。

日時・会場など決まりましたら、ご案内させて頂きます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

↑は娘が描きました。冬休みは塾通いで大変そうです。

お正月は仙台にいる大学生の息子も帰ってきて賑やかに過ごしました。

今年も元気に頑張って参ります。

12.02 SAT. 光山会の納会へ伺いました。

いつもお世話になっている石倉光山先生の尺八のお教室の

納会へ呼んで頂きました。

四谷三丁目の須賀神社の神楽殿にてまずは皆で演奏。

六段・春の海・小鳥の歌・雨 を2チームに分かれたりしながら

みっちりと。。。

「雨」を何度も演奏していたら、

頭と身体の連携がおかしくなったのか、

違う音を押してしまって、自分でビックリ、、笑いそうになりました。

皆さんごめんなさい。

写真は六段を演奏中です。

お昼間から日が暮れるまで、みっちり演奏して最後に記念撮影。

皆様ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店に移動しての懇親会も、美味しいお料理とお酒とともに楽しかったです。

第56回 三味線本手組歌演奏会のご案内

第56回 三味線本手組歌演奏会

~日本すべての三味線音楽の源流である『三味線本手組歌』

京都・大阪・東京の演奏家たちによる競演で三百年あまりの歴史をたどる~

平成29年12月9日(土) 12時開演

イイノホール

入場料:2,500円

主催:生田流協会

後援:文化庁・ 東京新聞

今回はプログラムしかいただけませんでしたので、

プログラムの表紙ですみません。

私は宮城会で五番目、  野川流 奥組四松虫」に出演させて頂きます。

チケットご入用の際は、お問合せフォームよりお申し込み下さいませ。

受付にお取り置きさせて頂きます。

 

 

番外編:9.24 SUN.ピアノの発表会に出演しました。

随分前ですが、カワイ表参道パウゼで開催されました

Autumn Concert 2017に出演しました。

写真が出来てきたので、しばらくたってからピアノの先生に見せたのですが、

「スキャンして載せたらいいのに」って言われまして、

それもそうだな、、、と思い、すこし恥ずかしいですが、その時の写真です。

今年4月末から習い始めました。

月に1回か2回しか通えませんが、趣味として楽しくやってます。

この日は、Mozartの「アリエッタ」を弾きました。

家で弾いている時とは違い、よく響いて鍵盤が非常に軽く感じ、

短い可愛らしい曲なのに、曲が進むにつれてドンドン緊張が増して

手がアル中患者のように震えました。

こんなに手が震えたのは初めての経験でした。

緊張してガチガチになってしまうお弟子さんの気持ちが

少し分かった気がします。

次の機会では、高い音に行っても手首が下がらないようにしたいです。

箏を弾く時は、手首を下げるとよい場合がある為、

それが出てしまうのかな?と思った次第です( ;∀;)

いろいろ発見があり、今思えば愉快な経験でした。

 

 

10月半ばより稽古場を移動しました。

長年、自宅の隣の古い家の2階をお稽古場に、

1階はグランドピアノを置き息子が使用する、、4月末より私が習いだす(汗)、、

といった具合で過ごして参りましたが、

建物の老朽化と身辺整理のため、古い家を解体し、

自宅より徒歩1分ほどの場所に稽古場を移動しました。

今まで同様2階がお稽古場で、1階にはグランドピアノを置きました。

前よりも狭くなりましたが、いろいろと整理し、快適になってきました。

移った途端にお弟子さんが3人増えまして、はりきっております。

箏や三絃(三味線)を習ってみたい方、体験レッスンもありますので、

お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

第67回 杉並区総合文化祭参加 杉並三曲協会定期演奏会のご報告

10月21日(土)に開催されました

第67回 杉並区総合文化祭参加 杉並三曲協会定期演奏会のご報告です。

台風接近による悪天候の中、お運び頂きましてありがとうございました。

私の社中には今回初めて出演するお弟子さんもおりまして、少し心配でしたが、

「楽しかった」と言って貰えましたので、ほっとしております。

私が出演しました曲の写真を掲載させて頂きます。

※「楓の花」は後藤幹子さんと二人で絃方を務めたのですが、

  残念ながら写真がありません。本手事をカットしてチラシへ飛ぶという珍しい演奏でした。

「六段の調」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「萩の露」

「御代の祝い」リハーサル風景でごめんなさい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「虫の歌」

 

諸先生方、お世話になったスタッフの皆さまありがとうございました。

Layout mode
Predefined Skins
Custom Colors
Choose your skin color
Patterns Background
Images Background